13. 駆 / 宮川

宮川です

今日は8月のライブで披露したオリジナル曲の「KAKECCO」について

セルフライナーノーツとでもいうか、ちょっと書いてみたいと思います。

この曲を書いたのは2015年

実は双子曲なんです

元々はもう一曲の「TOKIMEKI」を書いていたのですが

気持ちいいコード進行を並べていたら

そのうち全体の収まりが悪くなってきてしまい

いっそのこと分けてしまえ!

ということで2曲に分けることにしました

 

「TOKIMEKI」はタイトル通り、淡い初恋のドキドキしている心の動きをイメージした曲なんですが、

「KAKECCO」は、明るい曲にしたいなという思いで制作しました。

 

太陽がちょっと傾いてきた頃

学校帰りだろうか小学生の姉弟が

土手で楽しそうに追いかけ回して遊んでいる

いつまでもいつまでも、屈託のない笑顔が溢れ

その姿を見ているとこっちまで頬が緩んでくる

そんな子供たちには明るい未来が待っているんだろうなぁ

 

そんなイメージです。

 

デモ音源は、リズムとピアノだけです。

「TOKIMEKI」と共にそれを聴いたメンバーの感想は

「爽やかな曲書くんだね!」

 

「みーまんのイメージと違って!」

と言葉が続くをやめてくれたのかな。

と自覚しました(笑)

 

オリジナル曲も、やはり仕上げていく過程は同じ。

リズムとピアノだけの音源とコード譜を元に

各自がアレンジしてリハの臨み

都度リハで修正していきます。

したがって

作曲:宮川 編曲:Chacoban。

になるんです。

 

この曲の初披露は、2015年の冬のライブ

この時は、ドラムではなくパーカッション曲だったんです

なので、ドラムでは8月のライブが初披露となりました

この曲もまだ変化していくんでしょうね

 

ではまた

⭐︎⭐︎宮川⭐︎⭐︎